2012年7月25日水曜日

USBがついに100Wまで給電できるようになるみたい


ほんとUSBは万能だな!


USB 規格を策定している「USB 3.0 Promoter Group」が、USB端子で最大100Wまで給電できる新規格を策定したようですよ。

規格名称は『USB Power Delivery Specification (USB PD)』となり、供給電力が上がっているだけでなく、従来のUSB規格との互換性も保たれているようです。
USB2.0では5Vで500mAhだった給電能力が、USB3.0では900mAhまで拡張されましたが今度のバージョンアップは、そんなレベルじゃないですね……。


もしかしたら、いままで「USB扇風機」だの「USBあったか手袋」だの言っていたのが馬鹿らしくなるくらいUSBの可能性広がるかもしれませんよ? 「USB冷蔵庫」とか「USB電子レンジ」とか、「USBドライヤー」なんてのもありえるかも?


しかし、こうなると怖いのがPC内部の基板設計。PC内に100Wを流すって、パーツへの負荷は尋常じゃない気がするんですよねぇ……。コンデンサが爆発くらいで済めばいいですが、ちょっと危険過ぎやしませんか?


最大100WのUSB給電規格 USB PD 策定完了、ノートの充電も対応[Engadget 日本版]

0 コメント:

コメントを投稿