2013年6月12日水曜日

理想のキーボードを求めて……。



久しぶりにAmazonでお買い物をしました。今回の買い物は「キーボード」。

キーボードって昔からずーーーーーーーーっと。マイクロソフトの「Natural Ergonomic Keyboard 4000」を愛用していました。多分もう多分10年くらいかなぁ……。独特の傾斜がついたフォルムは慣れるまで時間がかかりましたが、非常に打ちやすくてタイピング速度が明らかに違います。

これ↓



人間工学に基づいたというだけあって、長時間打ってても疲れないのも素敵。まさに最強キーボードで、一日ん万字もタイプするためか、印字が全部すり減ってテカテカになっています。

買い直しても買い直してもあっという間にテカテカになるので、もはや買い直すことをやめました。別に印字見ないし。


しかし、このキーボードのせいではない。せいではないと思いたいんですが……。






なんか左肩が妙に上がっているんです。最近。

明らかに体が歪んでいる……。ぶっちゃけて言うと左右のティクビの位置が違います……。

おそらく右手はかなりの頻度でマウスに添えられていて、逆に左手はキーボードの上に置きっぱなしだから? おかげで左肩から鈍痛のような痛みまで。


しばらく整体に行って痛みはなんとかなったんですが、やはり左肩は多少上がったまま。これはまずいなぁ~と思って、PC周り。主に入力系の環境を見直すことにしました。

で、まずは一番長く使うであろうキーボードを見なおしてみたというわけですね。


最近Macで仕事していることが多くなったので、MacでもWindowsでも使えるということで、この「BSKBB09WH」を購入。接続がめんどくさくないようにBluetoothモデルにしてみました。


見た目はかなりMacのそれと近いものがあります。またFnキーとの組み合わせでキーレイアウトをMac=Winで切り替えられるのもポイント。




打鍵感はまだまだ違和感ありますが、まぁこれは慣れるしかないなぁ。

でも、全体的にはかなり良い感じです。今のところはね。







あ、ひとつ不満を言うとすれば、あまりにもMacキーボードっぽいので、コピーするときに自然とMac風に親指がAltの位置に行っちゃいます! 


いっそAltにCtrl割り振ってしまおうか……!



0 コメント:

コメントを投稿