2014年5月27日火曜日

【レビュー】米軍MIL規格準拠の耐衝撃ケース「BACKBONE for iPhone5s/5」を使ってみた。

コンクリートに落としても。iPhone無事。

そんなガチムチなケースが手元に届きました。スペックコンピュータから発売される「BACKBONE for iPhone5s/5」のサンプルケースをお貸し出しいただきました。米軍採用品規格「MIL-STD-810F」に準拠した耐衝撃ケースで、Qi互換のワイヤレス充電機能を搭載しています。





パッケージ内容はこんな感じ(撮り忘れちゃいましたが、液晶保護フィルムも含まれています)。左側からMicroUSBケーブル(ドック用)、Qi互換充電ドッグ、イヤホン延長ケーブル、ケース本体、説明書。


背面部はこのようにLightning端子部がスロット状になっていて、ワイヤレス充電ユニットか別売りのリチウムバッテリーを装着することができます。


付属のワイヤレス充電ユニットをセットした時の様子がこちら。耐衝撃ケースって多々ありますが、どれもゴッツくてデザイン的には「ああ、なるほど」っていう印象が多いのですが、こちらは一体感があってスタイリッシュ

ちなみにワイヤレス充電ユニットの底部にはMicroUSBコネクタがあり、有線でもiPhoneを充電できるようになっています。便利。


ケース底部はやや肉厚になっているので、イヤホンを使う場合は付属の延長ケーブルが必要になります。ただ、僕の場合は音楽はBluetoothヘッドホンを使っているので、この点は問題ありませんでした。むしろしっかりガードしてくれてありがたい! 的な。


付属のチャージャーはホントよくできています。ケースと同じ大きさで、ピッタリとフィットしているため、「ちょっとズレてて充電できていなかった!」というガッカリチャージになることもありません。さらに言えば、この写真のようにちょっとズレたぐらいなら問題なくチャージできています。

日中はデスク上にiPhone放置しているのですが、このセットを装着してから、常に充電中。気がついたらバッテリーがなくなっていた! 系のヒヤリハットから解法されました。耐衝撃ケースって、充電周りが面倒なんですよね。頑丈になればなるほど充電が面倒になってきます。そういう意味では、非接触で充電できるというこちらはすごく有効なケースなのではないでしょうか。

お値段は専用誘電ポート付きのスターターパックで1万8360円。便利でタフで、カッコイイ。そんなやつです。万人にオススメできるか?というとやはり値段の壁は高く、またイヤホンも気軽に使えないため、利用者を選ぶケースかもしれません。しかし、それでも!という、この性能に魅せられる人も少なくないはずです。




いいかんげんiPhoneも公式に非接触充電対応してくれればいいんだけどなぁ。



スペックコンピュータ



0 コメント:

コメントを投稿