2014年10月1日水曜日

gooのスマホを借りた! 「ZTE Blade Vec 4G」のいいところとイマイチなところ



 いいところもあればそうでないところもある。

全てのプロダクトについてこれは共通です。世の中完璧というものはありません。「ZTE Blade Vec 4G」についてのいいところ、イマイチなところを見て行きましょう。





まずは悪い報告から。


1.画面内にメニューキーがある

これはちょっと意外でした。5インチの画面全てを表示領域として使えるものだと思っていたのですが、画面内にメニューキーが表示されるタイプのインターフェースであるため、実際に表示領域として利用できるのはやや小さくなります。



こんな感じ。


2.microSDカードが使えない

本体容量は16GB。端末のストレージ内をバーチャルSDカードとして区切るタイプのストレージとなっており、ユーザーが利用できるのは9GB弱となります。沢山写真を撮りたい、動画を撮りたい、音楽を持ち歩きたいというニーズにはちょっと物足りなく感じます。microSDカードが使えればどうとでもなるんですが、残念ながら対応していません。常にストレージの節約意識を持つ必要のある端末です。


3.カメラの画質は値段相応

iPhoneやXperiaシリーズなどカメラ機能に力を入れている端末とくらべてしまうと、どうしてもあらが目立ちます。画素数的には8MPとiPhoneとほぼ同じですが、画像処理エンジンやレンズの違いなどから、そこまで綺麗ではありません。特に室内など光量の足りないところではノイズが目立つ感じです。まぁ、iPhoneやXperiaのカメラが綺麗過ぎるっていうのもあるんですけどね。


4.ケースがほぼ無い

利用できるケースはほぼありません。値段を考えると大事に大事に使うような端末ではありません、多少の傷も勲章だと割り切ることもできますが、価格と対象ユーザー層を考えると、ネックストラップ付けられるような機能は欲しいところでした。


5.防水なし

水とお友達にはなれません。

6.おサイフケータイ無し

こちらも対応していません。残念。



では良い所を見て行きましょう。

1.安い

最初の記事で取り上げましたが、とにかく安いです。技適対応していて、SIMフリーでLTE対応で、実用に耐えうるスペックで2万を切ってくるのはコイツくらいでしょう。


2.電池結構持つ

セルスタンバイは発生していますが、その影響は少ないようで、普通に使っていれば電池はかなり持ちます。


3.軽い&薄い

約132gとすごく軽く、薄いのが特徴。普段持ち歩いていてもイヤになりません。


4.スタイリッシュ

個人的にはすごく好きなデザインです。板っぽいところに大人のガジェット感を感じます。正直、iPhone 6のデザインより10倍くらい好き。


悪いところ多めに書いたほうが、興味ある人に参考になるかなーと思って悪いところ多めな感想ですが、総じて言うならば、「THE 値段相応」です。

コストパフォーマンスをひたすらに追求した姿勢を感じられますね。でも、最近のキャリアの端末の方がオーバースペック過ぎるんですよね。日常的に使うのであれば、このくらいのスペックで十分なんですよ、きっと。

2年くらい遊んで、次のに乗り換える的な用途ならコレが一番いいのではないでしょうか。テザリングも使えるので、モバイルルーター代わりにもできますしね。

あと、裏ワザ的な情報ですが、別に付属のOCN モバイル ONEのSIMって使わなくてもいいみたいですよ。契約義務は無いみたいなので、他に格安SIMを持っているならそっちを挿して使ってもOK。端末だけ1万9,800円でゲットしちゃえるみたい。


NTTコムストア by goo SimSeller限定セット

0 コメント:

コメントを投稿