2015年1月21日水曜日

ガラスが水晶化!? スマホ液晶強化剤「クリスタルガード・グラスアーマー」を試した



水晶になるって、マジ?

kozmeから販売されているガラス強化剤「クリスタルガード・グラスアーマー」。これを塗布することで、ガラス表面が水晶化することで、傷が付かなくなり、汚れも防止できる。というのです。




もしこれが本当だとすれば、液晶保護フィルムの無い機種、もしくは貼りづらいスマホ液晶、タブレットやノートPCも強力にガードできるということに。これは試さずにはいられません。


というわけで入手。すごく小さなパッケージ。


説明書によると、塗布は以下の手順。


1.画面の指紋や油をキレイに落とす。
2.液剤の瓶の口にクロスを当てて、ごく少量をクロスに染み込ませる。
3.塗る。
4.乾いたクロスで拭き取る。
5.水晶化。
ふむ。本当に塗るだけのようです。


しかし、いきなりスマホに塗るのも怖い気がしたので、鏡板でテストをしてみることにしました。塗った箇所と塗っていない箇所の違いがわかるようにマスキングしておきます。そして……。


ガラス片でガリガリやります! 最初動画撮ってたんですが、ガラス引っ掻く音のあまりの辛さに自分が耐えられなくなったので消しました! で、仕上がりがコチラ。


おお、完璧ではないにせよ、確かに右側(塗布面)は傷が少なくなっています。疑ってごめん! なお、複数回塗り重ねるとさらに強度が増すとのことなので、今回塗布面についてしまった細かな傷も、塗り増すことで防げるのかもしれませんね。


指紋防止能力も検証してみました。と言っても、ペタペタ触るだけですが。結果がこちら。多少付きづらくなっているような気がします。塗布後の手触りですが、若干ツルツルしているような感覚

なお、僕が行なったスクラッチテストと同様のものが公式動画としても、公開されています。そちらをご覧になると傷の防止力がよりわかりやすいかもしれません。ただしスクラッチ音、激注意!



ひとまずテストと動画によって、無事に効果が実証されました。これはイケる! 早速手持ちのデバイスたちに塗り施していきますよー。


この中で一番効果的かな? と思ったのは、Macbook Proでした。理由としては、多分、そんなに強いガラス使っていないから。


最近のスマホって、軒並み強化ガラスを採用しているんですよね。Zenfone 5だってGorilla Glass3ですし、iPhone 6はガラス素材を好評していませんが、それなりの強度があるように感じます。なので、さらに専用強化剤でさらに強化する必要があるのか? と聞かれると、力強く「ある!」とは言い切れません。

しかしせっかく購入した大事なガジェット。少しでもキレイに、少しでも大事に使いたい。そういった「備えを重ねる」というのはやはり重要である気がします。ウチの場合はiPhone 6 Plusを子供に奪われてバンバンやられる事案が多発しているため、ガラスフィルムを貼っています

なので今回は、その上からさらにクリスタルガード・グラスアーマーを塗布しているという状態。頑丈だってわかってても、傷ついたら嫌じゃん。あと、指紋も付きづらくなるみたいだしね。


故に本当にこれが必要なのは、iPadとか、Macbookなのです。iPadの液晶って、強化ガラスじゃないような気がしてるんですよね。なんか傷つきやすい。Macbook Proもしかりです。

特に気にしていたのがMacbook Proですよ。液晶保護フィルムを貼れば確かに防御力はアップしますが、それと引き換えに画面の美しさが犠牲に……。僕はMacbook Pro 13 Retinaの美しい画面にフィルムなんてを貼りたくありません。

でも、傷とか怖いし…。ううう……。

と若干手詰まりしていただけに、これはモアベターな選択肢でした。さすがに怖くてスクラッチテストできていませんけどね。でもさ、


フィルムと違って見た目が変わらない。透過度も変わらない。というのはすごく重要です。Retinaを活かすにはこれしかない。


ちなみにですが、先日購入したNEX-5T。こちらの液晶保護にも使えるかな? と思ってソニーに問い合わせてみたところ……。NEX-5Tの液晶はプラスチック製とのことでした。ガッカリ青江。

ガラスにしかその効果を発揮できませんが、+αな防御力(安心感とも言う)を手軽に手に入れられるクリスタルガード・グラスアーマー。スマホ用ってありますが、タブレットやノートPCのガラス保護としても、アリな選択肢であるように思えます。




 [クリスタルガード・グラスアーマー

0 コメント:

コメントを投稿