2015年2月1日日曜日

ロボット掃除機で見えてきたザル配線を幅広タップで解決!

タップ選びの重要性。

Mieleの「Scout RX1」を導入してから三日後。気づいた点があります。それが…。


はい、こちら。LED時計に繋がるアダプタなのですが、スカウト君がコイツを食うんですよ……。いや、食わずになんとかなることもあるのですが、だいたい食って動けないよ! ってなっている。これはなんとかしなければなりません。






で、何とかすべくテレビ側のタップから電源を取ろうとしたのですが、テレビ裏の配線がご覧のようでして……。ACアダプタって大きいからどうしても隣の口を塞いじゃうんですよね。挿し方を工夫してもどうしてもダメでした。

根本的にどうにかすべき問題だ。と思って、タップを変えることにしました。購入したのはこちらです。



隣接する口の間はかなり余裕が設けられています。


これまでのタップでは、アダプタを接続すると隣の口は使い物になりませんでした。


一方、こっちは超余裕!これはいい買い物をしました。


スッキリ。

というわけで、何かとACアダプタの多いテレビ裏には是非おすすめなタップです。




0 コメント:

コメントを投稿