2015年12月20日日曜日

「サンタさんは居るんだ!」って娘に思ってもらいたくて、サンタさんからメッセージをもらえるサービスを試してみた


これはちびっこ喜ぶよ。きっと。

娘は3歳になりました。事あることに、「わたし、サンタさんにメルちゃん(おままごと用)の洗濯機買ってもらうんだ」と言っています。




きっと娘には、サンタさんからそういったものが届くかと思いますが、それとは別に、サンタさんからメッセージを貰えるというサービスを試してみました。




FLUTE のクリスマスエディションです。

100文字程度のメッセージを依頼すると、サンタさんとトナカイさんからメッセージ動画を貰えるというサービスです。これを25日の朝、枕元のプレゼントと共に娘に観せてみようかと! 用意したメッセージはこちらです。


凛ちゃんはじめまして。良い子にプレゼントをあげているサンタさんだよ。3歳になった凛ちゃんは元気ないい子だからサンタさんがプレゼントを用意したよ。これからもパパとママの言うことを聞くいい子になるんだよ。


100文字ジャスト。文字数ピッタリに何かを書くというスキルはこの仕事をしていると自然と身につきます。

さて、そして仕上がりがこちらです。


トナカイの「トーナ」君がでてきて、サンタさんからのメッセージを預かってきたことを伝えます。



そしてサンタさんが、僕が用意した文字を読んでくれるのです。合成音声なんかじゃありません。ちゃんとした声で、心のこもったお手紙を読んでくれるのです! 娘の喜ぶ顔が今から楽しみ!


そういえば、僕はサンタさんって何? ってその存在に気がついた時には、「うちには来ないよ」的に言われて、その代わりに毎年お菓子が沢山入った長靴を買ってもらっていた気がします。

まぁ、そういうものなのだ。

と子供心に理解しました。特別欲しい物とか無かった気がしましたし…。

でも、いざ子供ができてみると、サンタさんイベントってやっぱり重要な気がするんです。プレゼントをもらって喜ぶ顔が見たいというのと、事象としての存在があり、それに感謝したり、喜んだりすることもあるというのを知ってもらいたいと思っているんです。

目に見えるものだけが君の世界じゃない。
君の周りには、目に見えないものでも君を幸せにするものがたくさんあって、それに感謝を忘れないようにして欲しい

ってね。


FLUTE のクリスマスエディション

0 コメント:

コメントを投稿