2016年10月5日水曜日

Ankerの家電ブランド「eufy」からロボット掃除機とLEDデクスライトが登場。ロボット掃除機、29,800円です。


Ankerの家電ブランド「eufy(ユーフィ)」からロボット掃除機のエントリーモデルが発売されました。


eufy RoboVac 20」は7つのお掃除モードを搭載したお掃除ロボット。29,800円という低価格ながら、自動での充電ドックへの帰還機能、超音波を利用した進入禁止エリアの設定、付属リモコンによるコントロールなどを行うことができます。

「Dyson 360 Eye」「ルンバ980」のようなカメラセンサーやSLAMによるマッピングや位置補足機能は搭載していませんが、このあたりは割り切りを感じます。

センサーを増やしたりカメラを増やしたSLAM搭載型の方が、お掃除はより正確になり、効率も良くなります。しかし一方でどうしても価格が高くなってしまいます。こちらはそれらを搭載せずに、お掃除の効果は多用な動作と、200分という連続稼働時間の長さでカバー。そして同時に購入しやすい価格に抑えるといった、Ankerらしいコストパフォーマンスに特化するといったアプローチとなっています。



普及価格帯を狙ったロボット掃除機として、あらたな選択肢となるのではないでしょうか。お掃除ロボット気になっているけど、どうなんだろう? とか。誕生日プレゼントや引越し祝いといった時にちょうどいい価格なのかも。

お掃除ライターとしては、実性能が気になるところですね。余裕ができたらレビューしてみようかなと思っています。



同時に発売されるLEDデスクライト「eufy Lumos A4」。75%消費エネルギーが少ないLEDを採用し、通常のLEDライトより25%以上効率化を実現。50,000時間の長寿命と、ハイスペックなLEDライトとなっています。



4段階のカラー調整、5段階の照度調整も可能です。

3,480円とお手頃価格なので、こちらもコスパ高いですね。

どちらもAmazonで本日10月5日より販売開始です。








0 コメント:

コメントを投稿